ディセンシア・アヤナスのセラミドの特徴

ディセンシア・アヤナスのセラミドの特徴

ディセンシア・アヤナスのセラミドの特徴

セラミドは、お肌にとって重要な保湿成分でありますが、敏感肌や乾燥肌には不足が目立つ成分として有名です。
ために、肌のバリア機能が低下した状態にあり、乾燥や紫外線などの外部刺激のダメージを受けやすいといえます。
ディセンシアのアヤナスは、そんな敏感肌の人のエイジングケアにと開発された化粧品でもちろん、配合されています。
通常、セラミドは分子量の大きい成分なので、お肌につけても、肌深部の角層までなかなか浸透せず、一時的に潤った感じになるだけで、実は根本的なケアになっていなかったというのが、本当のところです。
そんな状況を一変させたのがナノテクノロジーで、ディセンシアのアヤナスでも採用され、効果的に浸透させるさせることが可能になり、保湿ケアの質を上げてくれます。

独自技術ヴァイタサイクルヴェールで重要な働きをするヒト型ナノセラミド

ディセンシアのアヤナスに、ヴァイタサイクルヴェールという独自技術の一環として配合されているのは、ヒト型ナノセラミドといいます。
ここで「ヒト型」というのがミソで、お肌への非常によくなじむというのが売りです。
従来、成分のナノ化が実用化されるまでは、前身のヒト型セラミドが開発されていたのですが、配合するには多量の乳化剤や油分を必要とし、技術的に難しいからと敬遠されてきた経緯があります。
それがナノテクノロジーで一気に解決され、ディセンシアのアヤナスのセールスポイントにさえなっています。

 

ただ、特殊な成分であるだけに、ディセンシアのアヤナスを始め、価格が高めになるのはデメリットかもしれません。ラインでそろえるのが難しいなら、美容液やクリームなど1点からでも取り入れ、セラミド不足解消の一助にするとよいでしょう。


【販売ページはこちらから直行できます】




●敏感肌のエイジングケア=「アヤナス」  10日間分 1,480円
●敏感肌の美白=「サエル」        10日間分 1,480円
●敏感肌の保湿=「つつむ」        14日間分 1,470円
いずれも有料ですが、一般の販売店に積まれているパウチのようなものではなく、10日間〜2週間分あり、使い出は十分。じっくり試せると、評判は上々です。
「アヤナス」にはスキンケアシリーズだけでなくBBクリームもあります。


ディセンシア・アヤナスのセラミドの特徴関連ページ

ディセンシアのBBクリーム/リキッドファンデーション
ディセンシアのファンデーションとしてはアヤナスAS・BBクリームが高く評価されています。
ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ アヤナス サエル 販売店舗